デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

「類婚姻譚で芥川賞・直木賞候補」本谷有希子の年齢•学歴•結婚などのプロフィールを調査!

      2016/05/25

image-55-200x300

■本谷有希子さんが芥川賞・直木賞にノミネートされる!

劇作家・本谷有希子さんが、芥川賞で4度目のノミネートとなり、大きなニュースになっていますね。

 日本文学振興会は21日、第154回芥川賞・直木賞(平成27年度下半期)の候補作を発表した。受賞作を決める選考会は来年1月19日に、今回も東京・築地「新喜楽」で行われる。

 前回はピース・又吉直樹の『火花』と羽田圭介氏の『スクラップ・アンド・ビルド』が受賞した芥川龍之介賞の候補は、4度目のノミネートとなった演劇家の本谷有希子氏の『異類婚姻譚』をはじめ、3度目のノミネートの松波太郎氏の『ホモサピエンスの瞬間』、初ノミネートのタイ在住会社員・加藤秀行氏の『シェア』など6作品。
 

Yahooニュースより

Yahooニュースでこのニュースを知り、本谷有希子さんについて興味を持ったので、経歴などいろいろ調べてみました。

■本谷有希子の経歴

劇作家・本谷有希子さんとは一体どんな方なんでしょうか?

image-56

本谷有希子さんは1979年7月14日生まれの36歳

出身地は石川県白山市で、石川県立金沢錦丘高等学校を卒業されています。

高校卒業後、上京後してENBUゼミナール演劇科に入学、松尾スズキのクラスに在籍するし、在学中より主に舞台において女優活動を開始しました。

1998年にアニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビューします。

そして、2000年9月、「劇団、本谷有希子」を創立し、劇作家・演出家としての活動を開始し、2002年には『群像増刊エクスタス』を発表して、小説家デビューします。

小説家として、大きな人気を博して、これまで、以下のように数々の賞を受賞されています。

* 2007年 – 第10回鶴屋南北戯曲賞(『遭難、』)
* 2009年 – 第53回岸田國士戯曲賞(『幸せ最高ありがとうマジで!』)
* 2011年 – 第33回野間文芸新人賞(『ぬるい毒』)
* 2013年 – 第7回大江健三郎賞(『嵐のピクニック』)
* 2014年 – 第27回三島由紀夫賞(『自分を好きになる方法』)

ウィキペディアより

なお、2013年には、シンガーソングライターで映画監督の御徒町凧と入籍されています。

image-58

本谷さんは今回が芥川賞4度目のノミネートというのとで、芥川賞、直木賞を受賞する可能性が高いと見られていますね。

ということで、本谷さんの受賞に期待したいと思います。

>

 - 芸能