デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

安藤昇さんが死去!!年齢•出身•死因•家族などのプロフィールを改めて調べました!

      2016/05/27

image-35-300x300

■俳優の安藤昇さんが死去

俳優の安藤昇さんが、12月16日に肺炎で亡くなったことをニュースで知りました。

元「安藤組」組長で作家、俳優の安藤昇(あんどう・のぼる)さんが16日午後6時57分、肺炎のため東京都内で死去した。89歳。葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会を開く予定。

 

安藤さんは大正15年、東京生まれ。戦中は海軍の特攻隊員となり、復員後の昭和27年、愚連隊がもととなる安藤組を結成。東京・渋谷を拠点に活動を始めた。同組は、実業家の横井英樹氏(後に、火災を起こした「ホテルニュージャパン」の社長)を襲撃する事件を起こし、組長だった安藤さんは恐喝容疑で逮捕され、服役したこともあった。

 

出所した同39年に、組を解散。その後は映画界に転身し、同40年に自伝をもとにした「血と掟」で俳優デビュー。50本以上の作品に出演したほか、映画プロデューサーとしても活躍した。また作家としてエッセーなど多くの作品を発表した。主な出演作に「網走番外地 吹雪の斗争」「昭和残侠伝 破れ傘」「新仁義なき戦い」など。主な著書に「激動」「自伝 安藤昇」など。

Yahooニュースより

そんな安藤昇さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■安藤昇さんの経歴

俳優の安藤昇さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image-34-300x298

安藤昇さんは東京都新宿区出身の俳優で、1926年5月24日生まれの89歳でした。

以下は俳優になる前の略歴です。

15歳で感化院に、18歳で多摩少年院に収監されるなど、荒れた少年時代を送った。予科練の試験に合格し恩赦で少年院を退院、三重海軍航空隊に入隊後海軍飛行予科練習生へ配属。1945年(昭和20年)6月、神奈川県久里浜の伏龍特攻隊に志願し配属が叶い生死を伴う苛酷な訓練を受けるも、2ヶ月後に終戦となり、除隊。1946年(昭和21年)、法政大学予科に入学するが、翌1947年(昭和22年)退学し、仲間達と共に愚連隊(不良青少年グループ)を作った。

1952年(昭和27年)、サンドイッチマンを手配していた東京宣伝社を発展解消し、渋谷に東興業を設立。当初は不動産や各種興行など真っ当な仕事を扱っていた(銀座に洋品店も開いている)が、やがて賭博の開帳なども仕切り始め、会社は次第に暴力団の様相を呈してくるようになった。これが世に言う「安藤組」の始まりであった。

Wikipediaより

そんな安藤さんですが、1965年に、自らの自叙伝を映画化した「血と掟」(松竹配給)に主演し映画俳優へ転向、それ以降は俳優として多くのヤクザ映画に出演し、人気を博しました。

有名な映画としては「網走番外地 吹雪の斗争」「博徒外人部隊」「昭和残侠伝 破れ傘」「新仁義なき戦い」などに出演されてきました。

そして1979年に「総長の首」への出演を最後に俳優を休業されていました。

ちなみに、安藤さんは、家相の研究家でもあり、本も出版されているということです。

なお、長男のニック安藤さんと、次男の安藤章さんは、ともに映画プロデューサーということです。

安藤昇さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

 - 人物, 社会