デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

泉谷病院・田中純次院長の年齢,住所,学歴(大学),facebookなどプロフィールを調べてみました!!

      2016/06/02

image216-225x300

■京都の泉谷病院が大きな話題に!!

京都府右京区にある泉谷病院で、当直勤務の看護士3人がみな仮眠中で、人口呼吸器の警告音に気付かず、男性患者を死なせてしまったと大きなニュースになっています。

人工呼吸器の異常に気付かず、入院中の患者を死亡させたとして、京都府警捜査1課と右京署は26日、業務上過失致死の疑いで、京都市右京区花園伊町、泉谷病院の田中純次院長(68)=大津市=と、女性看護師長(40)=中京区、女性看護師(30)=南丹市=の3人を書類送検した。


 書類送検容疑は、8月4日午前3時ごろから約40分間、同病院2階で入院していた伏見区の男性(76)の人工呼吸器の異常を知らせる警報音が鳴っていたことに気付かず、適切な処置が遅れ、低酸素脳症で死亡させた疑い。
 府警の説明では、当時は当直時間帯で、男性の担当だった女性看護師を含む3人の看護師は全員仮眠中だった。3階の別の看護師が異常に気付いたが、男性は死亡していた。呼吸器の管の接続部が外れていたという。同病院では、約10年前から当直の看護師が全員同じ時間帯に仮眠する状態が続いていたという。


 府警によると、田中院長ら3人は容疑を認め、看護師長は「今まで事故が起こらず、(全員同時仮眠を)黙認していた」、看護師は「警報音が鳴れば誰かが気付くと思って寝てしまった」と供述している、という。
 

田中院長は取材に対し、「このような事故が起こり、申し訳ない。深夜の看護師の勤務態勢を再度確認し、再発防止に努める」と話した。

Yahooニュースより

ということで、田中純次院長の経歴など見てみました。

■田中純次院長のプロフィール

泉谷病院の田中純次院長はどんな人なのでしょうか?

とりあえず「田中純次」で検索するとFacebookが出てきました。

しかし、同姓同名の人が多くて、特定できませんでした。

なお、報道によると田中純次院長は現在68歳

住まいは滋賀県大津市とのことです。

学歴としては京都大学医学部を卒業されています。

以下は略歴です。

昭和60年から10年間京都大学外科講師。その後、静岡県の島田市立病院にて外科と救急医療に従事。京阪奈病院、新香里病院を経て、平成17年9月より泉谷病院の院長となりました。

泉谷病院ホームページより

以下の泉谷病院ホームページにて、田中院長の顔写真を確認することができます。

泉谷病院ホームページより

田中院長は「深夜の看護師の勤務態勢を再度確認し、再発防止に努める」とおっしゃっていますが、そもそも看護士が同じ時間に、みな仮眠するような勤務体制が明らかにおかしいと思いました。

病院の仕事は激務なのはわかりますが、信頼して命を預ける一般人の立場として、すごく不安になるニュースだと思いました。

>

 - 事件