デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

ルネ•ラエンネックがGoogleのロゴ(Doodle)に!!経歴が気になる!?

      2016/06/10

image

■ルネ•ラエンネックがGoogleのロゴに!!

医師のルネ•ラエンネックさんが、2016年2月17日のGoogleのロゴになっていることを知りました。

ルネ•ラエンネックさんは聴診器を発明したことで有名な方です。

そして今日、2016年2月17日はルネ•ラエンネックさんの生誕235周年ということみたいです。

そんなルネ•ラエンネックさんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■ルネ•ラエンネックさんの経歴

医師のルネ•ラエンネックさんとは一体どんな人なんでしょうか?

image

ルネ•ラエンネックさんはフランスのカンベール出身の医師で、1781年2月17日生まれ1826年8月13日に45歳で亡くなっています。

ラエンネックさんは学生時代から非常に優秀で、英語やドイツ語、ギリシャ語などの語学に秀でていただけでなく、叔父の指導で医学の勉強も始めました。

そんなラエンネックさんですが、法律家の父から医学の道へ進むことに反対されたため、思い悩んで旅に出ますが、それでも18歳のときに医師になることを決意します。

そして、フランス革命のころには、ナントで手術を手伝っていたそうです。

ラエンネックさんは信心深いカトリック教徒で、すごく親切な人間としても有名で、貧しい者に対する彼の慈善活動は、語り草になっていたと言われています。

そして聴診器の発明、また腹膜炎と肝硬変の解明など、医学に対して大きな貢献をされています。

なお聴診器の発想は、子供たちが木の棒のはしに耳を当てて遊んでいるのを見たのがきっかけだそうです。

ちなみにお医者さんの典型的なイメージといえば「聴診器」だと思いますが、そういう点ではラエンネックさんの医学の世界への貢献は非常に大きいですね。

以上、ルネ•ラエンネックさんの経歴について、かなりざっくりと記載させて頂きました。

 - 人物