デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

元女優の原節子さんが死去!!年齢や死因•結婚•家族などを調査!

      2016/05/05

image207

■孤高の生涯を生きた元女優の原節子さんが死去

元女優の原節子さんが、9月5日に亡くなっていたことをニュースで知りました。

 昭和の大スター、元女優の原節子(はら・せつこ、本名・会田 昌江=あいだ・まさえ)さんが9月5日、肺炎のため神奈川県内の病院で死去したことが25日分かった。95歳。横浜市出身。1963年(昭38)の映画出演を最後に表舞台には出ず、その後の生活はほとんど知られていなかった。

Yahooニュースより

そんな原節子さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■元女優•原節子さんの経歴

昭和の大スター、元女優の原節子さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image206

原節子さんは神奈川県横浜市出身の元女優で、1920年6月17日生まれの95歳でした。

本名は会田昌江(あいだまさえ)さん。

義兄の熊谷久虎監督に女優になることを勧められ、1935年に日活多摩川撮影所に入社し、「ためらふ勿れ若人よ」で映画デビューします。

代表作品としては「わが青春に悔なし」「安城家の舞踏会」「お嬢さん乾杯」「青い山脈」「東京物語」など。

なお、1963年に42歳で女優を引退されています。


原さんは女優を引退したあとは鎌倉に住んでいたという情報があります。

鎌倉では妹夫婦と生活していたとされ、写真週刊誌などが何度も「スクープ」を狙いましたが、50年以上その姿をとらえたものはなかったということです。

ちなみに、原さんは結婚しておらず、独身として生涯を貫きました。

なお、死因についてですが、肺炎ということです。

42歳という、女優としては早い引退というイメージがありましたが、101本もの作品に出演されていたんですね。

「伝説の大女優」として世代を超え、映画ファンの憧れの対象だった原節子さん。

そんな原節子さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

>

 - 人物