デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

落語家・桂春団治さんが死去!!出身•学歴•本名などプロフィールを改めて紹介

      2016/05/08

image

■落語家•桂春団治さんが死去

落語家の桂春団治さんが1月9日、心不全がんのため85歳で死去したことをニュースで知りました。

 
◇上方落語復興 最後の四天王

 戦後、滅亡寸前と言われた上方落語界の復興に尽くした四天王の最後の一人で、厳しいまでに磨き上げた芸風で知られる桂春団治(かつら・はるだんじ、本名・河合一=かわい・はじめ)さんが9日、心不全のため亡くなった。85歳だった。親族や直系の弟子らで密葬を営んだ。


Yahooニュースより

改めて桂春団治さんについて、経歴を振り返る意味でいろいろ調べてみました。

■桂春団治さんの経歴

落語家の桂春団治さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image-1

桂春団治さんは1930年3月25日生まれで85歳でした。

本名は河合一 (かわいはじめ)さん。

出身は大阪府大阪市

学歴としては浪華商業高等学校を卒業されています。

高校卒業後は自動車部品販売の会社に就職しますが、1年で退職します。

そして父親の2代目春団治さんに同行しながら、落語家になることを決意したそうです。

入門後は、上方の落語家が10数名と少ないなか、有志で「さえずり会」を結成するなど、上方落語の復興に尽力します。

のちに、同会メンバーでもあった6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、3代目桂小文枝と並んで、「上方落語の四天王」と呼ばれるようになりました。

以下は桂春団治さん「野崎詣り」です。

やはり世の中に笑いを与えてくれる方がいなくなるのは、すごく寂しいことだと思います。

桂春団治さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

 - 人物