デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

元建設相の森本晃司さんが死去!!年齢•出身•学歴などの経歴を改めて紹介

      2016/05/08

image-45

■森本晃司•元建設相が死去

公明党の森本晃司•元建設相が、12月18日に亡くなったことをニュースで知りました。

公明党の元衆院議員で、建設相を務めた森本晃司さん(73)が、18日に東京都内のホテルで倒れているのがみつかり、死亡が確認されたことがわかった。死因は不明。奈良県大和高田市出身で、1983年、衆院旧奈良全県区で初当選。94年に羽田内閣で建設相を務めた。政界引退後は、奈良県立大客員教授として観光学を教えた。

朝日新聞デジタルより

そんな森本晃司さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■森本晃司さんの経歴

森本晃司さんとは一体どんな人なんでしょうか?

森本晃司•元建設相は奈良県出身の政治家で、1942年2月24日生まれの73歳でした。

学歴としては、1964年に関西大学経済学部を卒業したあとに、関西大学法学部に入り、1968年に卒業されています。

その後、公益財団法人•関西生産性本部で勤めています。

そして1983年12月18日、第37回衆議院議員総選挙に、初当選。

1993年4月、衆議院議院運営委員会理事に就任、1994年4月28日、首相の細川護煕の辞任により羽田内閣が発足し、建設大臣に就任しました。

1998年7月12日には、第18回参議院議員通常選挙に当選。

2004年6月、参議院議員の任期満了と同時に、政界を引退されています。

なお、死因についてですが、不明ということです。

森本晃司さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

 - 人物