デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

「マイナンバー案件問題」日本システムサイエンスの落札額、社長などを調査!

      2016/05/09

image101-300x126

■日本システムサイエンスが社会問題に!!

日本システムサイエンスという会社がマイナンバー制度の贈収賄事件に関わっていたということで、かなり話題になっています。

共通番号(マイナンバー)制度を巡る贈収賄事件で、警視庁に収賄容疑で逮捕された厚生労働省情報政策担当参事官室室長補佐・中安一幸容疑者(45)(さいたま市大宮区)が、現金100万円以外にも、贈賄側業者から、複数回にわたって計数百万円を受け取った疑いのあることが、捜査関係者への取材でわかった。

同庁は、中安容疑者が賄賂を要求したとみて調べている。

捜査関係者によると、中安容疑者は約10年前、仕事を通じてIT関連会社「日本システムサイエンス」(東京都千代田区)の元社長と知り合った。

IT分野を担当する社会保障担当参事官室に配属された2007年以降に関係を深め、11年春頃には現金を受け取るようになったとみられる。

YOMIURI ONLINEより

ということで、日本システムサイエンスについて調べてみました。

■日本システムサイエンスについて

日本システムサイエンスとはどんな会社なのでしょうか?

とりあえず「日本システムサイエンス」で検索してみました。

すると検索結果に公式ホームページが出てきました。

日本システムサイエンスの公式ホームページ

社長は八幡秀彌さん。

ただマイナンバーの贈収賄事件に関わっていたのは前の社長だそうですね。

また、以下に「入札情報速報サービス 日本システムサイエンスが落札した入札案件、入札結果」というページがあるのを見つけました。

入札情報速報サービス

「社会保障分野での番号制度に伴う利用場面の実装設計に資する仮想環境構築請負業務」という案件で、落札日が2011年11月18日、主な契約先は「厚生労働省」と記載されています。

そして、最高落札金額が 139,879,110 円
と記載あります。

なるほど、大きなお金が動いているんだなと思いました。

日本システムサイエンス自体は時効で罰せられることはないそうですが、YOMIURI ONLINEで会社名が公表されてしまった以上、そのままスルーできない状況になってしまったのではないでしょうか。

>

 - 事件