デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

立命館大学の田畑泉教授の経歴•学歴、タバタトレーニングの動画などを調査!

      2016/05/09

image169-300x219

■タバタトレーニングが大きな話題に!!

立命館大学の田畑教授が考案したという、短時間でできるタバタトレーニングが話題になっていますね。

立命館大の田畑泉教授(59)=スポーツ健康科学=が考案した「タバタトレーニング」が、世界中で注目を集めている。短時間で高強度の運動を行う方法が、アスリートだけでなく民間にまで普及。動画サイトにそのトレーニングの様子が多数アップされ、英国大手メディアもDVDを発売するなど、大きく展開が広がっている。
 

「タバタ」は、1日に1回、両手をついて足だけ左右に跳びはねるといった20秒の激しい運動と10秒の休憩を8回繰り返すプログラム。極度の疲労を伴う運動で1分間の心拍数を20歳基準で180回前後まで引き上げ、有酸素運動と無酸素運動両方の効果を引き出すことができるという。

Yahooニュースより

とにかく「動画が見たい」と、気になって動画などないか探してみました。

■タバタトレーニングの動画について

image170-300x251

タバタトレーニングの動画が見たいと思っていろいろ調べてみました。

そして、Youtubeの動画がありましたので貼っておきました。

これは男性インストラクターの方が教えてくれるタバタトレーニングです。

これは外国人女性が教えるタバタトレーニングの動画です。

なるほど、大変辛そうなのが伝わってきます。

なお、田畑泉教授の経歴は立命館大学のHPにて確認できました。

立命館大学スポーツ健康科学部

なるほど、東京大学卒業ということで、優秀なお方なんですね。

ちなみに、個人的な話で申し訳ないのですが、私はビリーズブートキャンプの腹筋トレーニングを2ヶ月毎日続けたことがあります。

5キロほど痩せたので、効果はありましたが、それに満足して辞めてしまい、結局体重は元に戻ってしまいました。

ということで、とにかく継続することが大事だと思っています。

タバタトレーニングは短時間でできるところが素晴らしいですね。

以上、タバタトレーニングの動画でした。

>

 - スポーツ, 人物