デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

川崎敬三さんが死去!!年齢•出身•本名•死因•結婚•家族などのプロフィールを改めて紹介!

      2016/05/11

image189-300x225

■元タレントの川崎敬三さんが死去

テレビ番組「アフタヌーンショー」などワイドショーの司会者として活躍されていた川崎敬三さんが、7月21日に亡くなっていたことを報道で知りました。

テレビのワイドショー司会で親しまれた俳優の川崎敬三(かわさき・けいぞう、本名陶山 恵二=すやま・やすじ)さんが7月21日、川崎市内の病院で死去していたことが24日、分かった。82歳。神奈川県川崎市出身。

 

74年から現在のテレビ朝日系のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会を務め、81年には漫才コンビ「ザ・ぼんち」が歌った「恋のぼんちシート」の中で、同番組のリポーターだった山本耕一とのやりとりがコミカルに取り上げられた。

 

85年に「アフタヌーンショー」が打ち切りとなり、徐々に活動を縮小。90年にフジテレビ「世にも奇妙な物語」などに出演以降は、芸能活動をほとんどしていなかった。

Yahooニュースより

そんな川崎敬三さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■川崎敬三さんの経歴

テレビのワイドショー司会で親しまれていた川崎敬三さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image190-230x300

川崎敬三さんは神奈川県川崎市出身のタレントで、1933年7月1日生まれの82歳でした。

本名は陶山 恵二(すやま やすじ)さん。

1954年に「こんな奥様見たことない」で映画デビューし、以降は現代劇を中心に二枚目スターとして多くの映画に出演します。

代表作品としては「宇宙人東京に現わる」「夜の河」「夜の蝶」「忠臣蔵」「細雪」など。

そして1974年に俳優活動を縮小し、1985年までテレビ番組「テレビ朝日アフタヌーンショー」の司会を務めます。

以下は1985年の「アフタヌーンショー」の動画です。

2001年には、俳優は引退し、マンション経営をしながら生活していることが週刊誌で報じられています。

ちなみに、川崎さんの家族についての情報はありませんでしたが、喪主が妻の節子さんということなので、結婚されていて、すでに大きくなったお子さんもいらっしゃるのかもしれません。

なお、死因についてですが、公表されておらず、わかっていません。

川崎敬三さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

 - 人物