デザイン部からの報告

本日のデザイン部から「非デザイン」なご報告です!

*

合田佐和子さんが死去!!経歴•年齢•出身•死因•動画が気になる!?

      2016/04/16

image

■合田佐和子さんが死去

画家の合田佐和子さんが、2月19日に亡くなったことをニュースで知りました。

 
合田 佐和子さん(ごうだ・さわこ=画家)19日午後8時25分、心不全のため神奈川県鎌倉市の病院で死去、75歳。
 

高知市出身。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を行う。喪主は次女安藤信代(あんどう・のぶよ)さん。
 

60年代、オブジェ制作の傍ら、唐十郎、寺山修司らの舞台・宣伝美術を手掛けて話題に。その後も憂愁に満ちた女性像を中心に油彩、パステル、写真など幅広い表現に取り組んだ。作品集に「パンドラ」など。 

Yahooニュースより

そんな合田佐和子さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

■合田佐和子さんの経歴

画家の合田佐和子さんとは一体どんな人なんでしょうか?

合田佐和子さんは高知県高知市出身の画家で、1940年10月11日生まれの75歳でした。

また学歴としては、武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)を卒業されています。

以下は略歴です。

• 1963年同校卒業後、唐十郎主宰の劇団状況劇場・唐組、寺山修司主宰の天井桟敷の宣伝・舞台美術などに参加する。
• 1965年から各地で個展・オブジェ展を開催。
• 1982年第1回現代芸術祭「瀧口修造と戦後美術」に出品。
• 1989年東京都の渋谷パルコにて個展を開く。
• 1991年朝日新聞で中上健次の連載(小説「軽蔑」)に挿絵を手がける。
• 2001年高知県立美術館で森村泰昌と合田佐和子展を開催。
• 2003年松濤美術館にて個展、これまで多数の作品集・個展を開催している。

Wikipediaより

以下は合田佐和子展の動画です。

合田佐和子展-鎌倉

合田佐和子さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

>

 - 社会